1. ■婦人科系、医学的異常のない体の痛み
 

■婦人科系、医学的異常のない体の痛み

以前そんな相談をされたとき、以下の言葉が降りて来た。
相手に『シンクロ』して感じたとき湧いてきた直感だった。

「今のおなかの痛みは...
しょーもない自分の自分勝手な願望とか弱さ、反応をすべていつくしんで、
『それもあっていいよ、私の一部。それも私の美しさの裏返し』
と感じてあげてたらそれらの感情と一緒に少しずつ楽になってくと思うよ

 

同時にできる範囲で一人の自由な時間をとって、
そしてやろうと思ったことも、体の声をきいて疲れるまではやらない。

 

とにかく今を感じて
今自分に必要なものを必要な分だけ与える。


そのほかはただ自分とともにいて感じる。

 

どれだけ条件よくても
どれだけ期待されてても
どれだけもったいなくても
どれだけ不安でも

完全でなくていい
今より少しでいい。

 

昨日より少しでも
しょーもない自分も含めて
今、体と魂が求めていることだけに集中していつくしむこと
今できる最善を尽くせばそれでいい。

 

それだけで、
実は体調、心の調子、魂の声とのつながり
全部整うと思う。

 

それが、愛をはぐくむことに自然になっている。


 自分にも、周りにも。

 

そして、それを重ねていくと
現実も回り始めて嘆く暇がなくなる」

 

女性でも、医者でもセラピストでもない
僕に相談してきた人もすごいですよね(笑)


その人も何か「感じ」たことに従ったんでしょう。

 

『感じる』ことは
・自分に最善の答えを教えてくれる。
・相手とつながる入り口を教えてくれる。
・すべてとつながって、望ましくないことにすら
 愛や善意が見え、すべてが味方になっていく

 

そんな『感じる叡智』を
一緒に体感、探求していく場を作りました。

 

【身体はすべてとつながるびっくり箱!
 『感じる』叡智研究会
 〜望ましくないことすら味方につける編】

 

詳細はリンクを貼りますね。

http://sainou.info/contents_490.html#ctn

 

-------
以下は以前参加した方の声
■M.K. 様 50代 ヒーリング業
「受け入れる」を体で感じるWSだった。
意識が鎮まるにつれ広がっていく、静寂の「気配」だけの世界。
そこでは自分の体さえ感じなく、何者でもなく、ただ「気持ちよい」感覚だけだった。
これを煩悩が無いというのではないだろうか。

「受け入れる」って、自分の外側、内側にどんな世界があり、
どんなチカラが働いているのか感じて、可否の判断の無い状態、
心の揺らぎも鎮まっていくようになるってことかな。

体力も気力もエネルギーも、無理なく無駄なくとなっていく。
そして、思っている以上に進展する。
体で感じたそれが心の深いところの発見となり理解になる感じがした。

こんなこと、初めてだった。
普段はあまり意識しない領域だけれど、そういう世界があることを知り、
自分がより立体的・多次元的に深まった気がします。

 

-----
** シェア歓迎**


 *必要としている人に届く祈りを込めてシェア歓迎です
 お手数ですがシェアの際はURLを
 コピペいただけると必要な人が詳細・申し込みに
スムーズにアクセスできます。ありがとうございます。

 

http://sainou.info/contents_490.html#ctn


画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

すべての人に独自の才能と役割が眠っている

みなさんの人生の土台を築くための
考え方を動画でお伝えしていきます!
 動画配信登録はこちらから


Life Design Coach
 代表 新関 裕二

営業時間:10:30〜20:30

方法  :スカイプ(全国)、対面(北海道・東京・名古屋中心。応相談)

ワークショップ・研修は呼んでいただければよろこんで全国出張承ります。Skype講座も可能です。

お問合わせフォーム