1. 自分に素直に生きられないとき、はまっている罠
 

自分に素直に生きられないとき、はまっている罠

できるようになってからやる

成功の見通しがついてからやる

計画が完璧で、条件が全部そろってからやる

やりたいことがわからないからやらない

自信がないからやらない

実力が伴ってないからやらない

やったことがないからやらない

 

これ、全部、いつまでたっても
自分の人生にならないパターン

簡単!

上のような状態にいるとき、この質問を
ずっとずっと繰り返していくといいんです。


どうなったらそれは解消されるの?

それはどうやったらそうなるの?


これを最後の答えに行き当たるまで問い続けてみてください!!

 

やりたいことがわからないのも

実力が不足しているのも、

単にやる量が少ないだけかもしれない。


どんな分野でも歩み始めは量が質に転化しやすい


やりながら理解する

理解しながらやる。


やるうちにわかってるつもりに気づいて
やりながら探求しつつ

発見したことをやりながら意味を考え
実験しつつまとめていく


自分の実力が不足しているのを承知の上で
できることを精一杯やって
役にたとうとする

できたこと、できることが増えている自分を自分で認めていく


そんなどこまでいっても不完全な自分を
さらけだすことで周囲の希望になって
仲間が集まってくる。

自分ではできないところを仲間との化学反応で乗り越えていく。


借り物じゃない、誰かの言う通りじゃない、

自分の生き方って

体験しながら、進みながら創っていくもの

すべての人に独自の才能と役割が眠っている


Life Design Coach
 代表 新関 裕二

営業時間:9:00〜21:00

方法  :オンライン無料通話(全国)、対面(北海道・東京・名古屋中心。応相談)

ワークショップ・研修は呼んでいただければよろこんで全国出張承ります。オンライン講座も可能です。