1. ★心からの会話は闇の中に光を見せてくれる
 

★心からの会話は闇の中に光を見せてくれる

今朝叔母と父の会話から偶然、
父と姉の間に昨年行き違いがあったことを知りました。

何年にもわたり似たような話を姉から...
愚痴としてきかされていて、
ある意味恒例ですし
思い通りならないとすぐ機嫌悪くする
父だけにいつもは放っておくのですが

父から出る言葉が、意地になってるだけとはいえ姉の気持ちを思うとあまりにやるせなくて、、、
このままでいいのか今回はひっかかっていました。


人の表面でなく魂の声を実現する仕事をしているだけに、二人の心の声は共に
「大好きだからあなたに自分のことをありのままうけいれてほしい」
であると伝わってきていました。

 

でも二人とも素直に心情を言わず、
相手に自分の価値観で要求しあって
かみあわず互いにすねてるだけと
ぼくにはみえるんです。

 

何年にもわたってそれができるほど
互いに執着なほど求めているのに

素直にならず
意地の張り合いになり、それでも
愛してるから頑張ろうとして
こじれてを繰り返してるだけなのに
父からあんな言葉が出てくるなんて、、、


このままでいいのか?

と思ったとき、気づきました。


 今まで家族で圧倒的に最若の自分には
発言権はないと無意識に自分で
きめてしまっていると。

 

ずっと人の魂の声を聴いてきた
今の自分なら、父と姉の心をとりもつことも、
できるんじゃないか、

いや、心と魂を扱えるのは家族で僕しか
いないじゃないか、
自分が勇気を出して枠を出さえすれば
ほんとはできるんだ。

 

そうして旭川駅前AEONで(笑)
気づいてしまったぼくは
怖くて先伸ばしにしたらやれなくて
後悔しそうだと感じて
旭川駅のベンチでまず姉に電話しました。

 

父のことで傷ついたのではないかいと
声をかけても、
最初は状況分析の理屈と
あきらめと強がりの嵐。


これは父とも衝突するよね(笑)

一時間ちょっと話を聞いて、
姉の愛情がどれだけ深いか伝えると、
受け取り拒否されましたが(笑)
姉の人生の本当の願いがどこにあるか
話してくれました。

 

声が最初と全然違う。


こんな姉の声聞いたの子供のとき
以来かもしれない。

 

父との間をとりもつのは
今は選択しないという結論でしたが
代わりに、タイミングをみて
父に意見でなく、
「大好きありがとう」
を伝えてみると言ってくれました。

 

父がどう反応するかにかかわりなく、
姉が本来の姿で生きるために
そう決めた時点で姉にとってとても大きな
ギフトになるなと
ぼくも嬉しくなりました。

 

心からの言葉を交わせると
当事者でなかったぼくまで
なにか浄化されたような気持ちに
なりますね

 

本当にありがとう

 

そして姉と父に最善のことが起こりますように



新関 裕二さんの写真

すべての人に独自の才能と役割が眠っている


Life Design Coach
 代表 新関 裕二

営業時間:10:30〜20:30

方法  :スカイプ(全国)、対面(北海道・東京・名古屋中心。応相談)

ワークショップ・研修は呼んでいただければよろこんで全国出張承ります。Skype講座も可能です。

お問合わせフォーム