1. ■ルールに賞味期限を! 〜ルールやしくみは更新され続けることで本当に人の役に立つ
 

■ルールに賞味期限を! 〜ルールやしくみは更新され続けることで本当に人の役に立つ

本質はルール作るときに人を縛るのでなく活かすために作ること


ルールやしくみはひとがよりよく生きる知恵。
でも「今の状況」を前提に作られてるのを忘れちゃいけないと思う。
次の世代に必要かどうかは怪しいものだ。

でもルールやしくみが主人になり、ひとがそれに従って動くようになると、
おかしいと思いながらルール破りの悪者になりたくないから
そのまま我慢するという本末転倒がよく起こってるのではないだろうか。

ルールはその都度そのときの必要に応じて変更するのが理想だが、
やりやすくするために最初から賞味期限を設けて
見直しの時期を設定しておくといいのではないだろうか

それなら、ルールが増えまくっていく一方の、
今の法律のような状態も少しは緩和されるのではないかなあ。

もっとも、それは応急措置であって

本質はルール作るときに人を縛るのでなく活かすために作ること、

ルールを提示された側もなんのためのルールか、
本当に私達がイキイキするあり方はどんなかに思い巡らし表現することが必要だろう。

両方そろったとき、共同創作がうまれる

すべての人に独自の才能と役割が眠っている


Life Design Coach
 代表 新関 裕二

営業時間:9:00〜21:00

方法  :オンライン無料通話(全国)、対面(北海道・東京・名古屋中心。応相談)

ワークショップ・研修は呼んでいただければよろこんで全国出張承ります。オンライン講座も可能です。