1. 【才能コンサルティング継続個人セッション】〜あなたバージョンの《自己確信》資質
 

【才能コンサルティング継続個人セッション】〜あなたバージョンの《自己確信》資質

体験談:才能コンサル体験者の生の声

【才能コンサルティング】個人継続セッションレポート
〜《自己確信》の回 40代女性、医療関係勤務の場合


----
【”才能”体感 オンライン講座】
http://ameblo.jp/2121-crazy/entry-12001531456.html
との違いがわかって非常に興味深いレポートです
個人セッション、特に継続ではその人の資質全体の
化学反応を読み解いていくのが醍醐味です。
同じ資質が上位でも、他の資質との組み合わせによって
現れ方や活用法が全く違ってきます。
-----

<感想>
最初は「自己確信」、人の話聞かないただの頑固者じゃないか!
とあまりいい印象ではありませんでしたが、

セッションの中で徐々に全貌が明らかになるにつけ、
人を勇気づけられる資質とわかり、終わる頃には他の才能とどうコラボして独自に開花するんだろう?と
楽しみになりました(^^)

回が進むごとにいろんな見方が立体的になり面白く感じます。
他の才能とのサイクルが少しずつ見えてきたかかな?

こうなると、やっぱり本で読むより、
自分の個別の才能としての理解が進むほうがより
現実的に実践できる気がします。

また次回も楽しみにしています!
ありがとうございました。




<才能継続セッション記録B>2015-03-14

1)前回の課題の振り返り
2)自己確信について(開花・裏目)
3)循環図もこれからおいおい・・・

-----(前回の課題振り返り)----------------------------------
(1)内省が裏目に出ず落ち着く方法を試してみた結果(効果)の振り返り。
(2)試してみた中で浮上した上位の資質どれか一つに焦点を当て、開花した姿、裏目に出た姿を知る。

1 学習欲
2 内省
3 達成欲
4 着想
5 親密性
6 収集心
7 自己確信
8 最上志向
9 目標志向
10 未来志向


⇒実践してみてどうだったか?


◇落ち着かせるもの(下段)を意識的に取り入れてみて、
 短時間でも効果的だったことを実感。
例)・ジムへ行く。
  ・歌う
  ・笛を吹く
  ・絵を描く 
  ・映画を見る
  ・モノづくり
  ・未来に役立つ情報収集
・芸術系仲間と遊ぶ

◇何を考えるかが大事。(映画、ものづくりなどが思考のきっかけ足がかりに)。

 ※感覚を使った妄想を随所に取り入れるとさらに良い。

 「楽しい!」
  映像でリアルに想像。細かなディテールまで。
  体の感覚を意識してみる。
  (ポカポカ・動ける・ドキドキわくわく)

◆キーワード⇒※感覚的妄想※

そうして、まず情報として何を探す?
論理的思考に偏りそうな時には、
「もしこの場所でこんなことができたなら?」という妄想を“あえて”はさむ!!

◎Howばかりに走ると、偏って疲れる(考えすぎ)。
◎Why 何のためにしているの?「私、この幸せ感のため!」
    →感覚で感じておくことが重要。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<覚書>本日は、自己確信に着目。


<<<<響いたキーワード>>>>

   ☆頑固オヤジの励まし
   ☆重大な局面で終始一貫
   ☆「必要ない!」じゃない、「必要なんだ!」(仲間) 


【自己確信】---------------------------

・影響力(周りに発している影響を知る)
・この才能の本質は「人生をうまく進めていく自信」
・根拠のない自信(根拠のいらないほどの自信)
・「これで絶対大丈夫!何故?私がそう決めたから。」
・自分がそう思うからそうなのだ!
・自己進退ともいえる。
・断言
・人の話聞かない
・(まわりからはよくわからないのが才能)

 

【自己確信が開花した姿は?】----------------

・重大な局面で終始一貫していること
 →安心、信頼、勇気(影響力に分類される所以)
・根拠がないのでブレない
 (ブレるのは理由を探すから。自己確信には理由がない)
・「大丈夫!」が変わらない
・勇気を思い起こさせる人
・自分たちの意味や使命を力強く示せる
 ※存在意義のメッセンジャーとも言われる(もう一度挑戦する勇気)
・みんなが打ちのめされていても影響されない
・自分の人生は自分が決める。自分がどうとらえるか。どんなことが起きても自分で選ぶしかない。
 自分で引き受ける覚悟。環境がどうであれ自分の人生の質が揺らがない。
 (重大な局面で発揮される)


◆頑固オヤジの励まし
◆エネルギーチャージャー
◆ラーメン屋のオヤジ
 「お前なら絶対大丈夫!俺にはわかる!」
 乱発しないけど力強いメッセージ

 

【自己確信の裏目】------------------------------------

・あまりにも自分の基準で動くのでまわりにわからない
・なぜ他人がわからないのか本人はわからない
・<排除>に動くことも多い→わからないならいい
・<孤立>わかんない人だーと孤立し続ける
・自分で決めたこと以外やらない
・やってねと言われると「は?」
 →意思決定する場に入っていればよい
・決められたことをするのは辛い
・自分のことだけする、というところに行きがち(閉じこもる)
・「わかんないならいいよ、自分でやるから」

 

【他の才能とのコラボ】

(サイクル)
・親密性/未来志向と組み合わさると、「こんな人と、こんな風に過ごせたらなー」と妄想することで力がわく。

・着想

・目標「この未来のためにこう動きたい!」

・自己/目標「私はこれのために生きる。」

・学習欲/調べて⇒着想/達成欲/動いて⇒内省/考えて⇒調べて⇒動いて・・・・・

・・・・・・

◆未来志向/着想を内省時間に使っていく。
 ⇒そうすると、収集心/学習欲に火が付く!!!
 ⇒目標が明確になる。
 ⇒達成欲に繋がる。
 ⇒方向性を持った収集になる。
  例)イノシシ!!自分というイノシシをコントロールするには、
    一か所にエサを集める必要。
 ⇒目標:どこに行くのか?より強い目標にすには、より感覚的であること。
  (どこに向かうのか?どれだけの価値があるのか?) 
 ⇒そうしていると、突如、「自己確信」が来る!!(これだーー!)

◆親密性/未来志向と組み合わされることでの開花した姿を考えてみよう。

◆着想/未来志向を使って楽しみを伝えていく方法。
 (野山で一人。素晴らしさの共有。)
 ⇒その人に合わせていろんな変化球。
  関係構築力が高いといいが私の場合ストレスになる可能性。
  自分の妄想を伝えて(楽しいよ!)ふるいにかけるつもりくらいで。
  (自分と未来を共有するひとなのかただのお友達なのか)
  ジャッジではなくて、じぶんの未来にあった選別。


--------------<<改善の具体策>>--------------------------------------------------------

◎自分への信頼関係を築く
◎あやまちを認める。
  ※根拠がないので、あやまちを認めることで、
   「間違ったら認める人なんだから何かあるんだろう」と思ってもらえるように。
◎意固地とは違うことを示す
◎人に対して自分なりの誠実さで。
◎自分の為ではなく、皆の為にという意図をもって。
◎決めるまでのプロセスをシェアする。
 「この人も人間だ」と思われる。
 ・信じられないと批判につながる。違う、ではなく間違っている、と思われる。
◎プロセスがありながら決めたんだ、迷い、怖さもあるけど、引き受けていく覚悟なんだ、とわかってもらう。
◎ほとんどの資質はプロセスが他人には(特にそれが下位の資質の人には)伝わっていない。
◎自分自身ではできない。
◎みんなにも活躍の場を与える。
◎勇気を持たせる。
◎必要ない!じゃない、必要なんだ!をちゃんと伝える。

※腰の低い「自己確信」を目指そう!


------------------------------------------------------------------------------------------

<次回への課題>
1)実践する(どう実践するかは自分で考えてみる)
2)やってみてどうだったか


 *****なにを実践する?******

@(特に職場で)意見を言うときは考えのプロセスを一緒に伝えてみる。

A勇気付ける、ということをするときに、自分の内側でどんなことが起こっているか意識してみる。
(親密性とのからみは?)

B人を頼ってみる。手助けが必要であると伝える。

Cあやまちはないか、振り返る。客観的な意見を求めて中立に検討してみる。

D前回で実践した課題も引き続き取り入れていく。

◆キーワード⇒※感覚的妄想※
◇落ち着かせるもの
例)・ジムへ行く。
  ・歌う
  ・笛を吹く
  ・絵を描く 
  ・映画を見る
  ・モノづくり
  ・未来に役立つ情報収集
・芸術系仲間と遊ぶ


すべての人に独自の才能と役割が眠っている


Life Design Coach
 代表 新関 裕二

営業時間:9:00〜21:00

方法  :オンライン無料通話(全国)、対面(北海道・東京・名古屋中心。応相談)

ワークショップ・研修は呼んでいただければよろこんで全国出張承ります。オンライン講座も可能です。