1. ストレングスファインダーの上位資質が同じでもかみ合わない人がいるのはなぜ?
 

ストレングスファインダーの上位資質が同じでもかみ合わない人がいるのはなぜ?

システム系の会社に勤務の仮名バニキチさん(30代女性)からこんな質問が


●同じ私の上位資質でも
仕事の時とプライベートで前面に出る資質が違う気がしますが…?

●システム系の会社には分析思考、回復志向、慎重さなどが
上位の人が多い傾向があるということですが
分析思考、回復志向は上位になる私とも似た資質の人も多いとしたら
なぜこうまで職場の人とは話がかみ合わないのでしょうか??



バニキチさんのストレングスファインダー資質TOP10
1 内省    : 思考力
2 個別化 : 人間関係構築力
3 収集心 : 思考力
4 学習欲 : 思考力
5 達成欲 : 実行力
6 親密性 : 人間関係構築力
7 分析思考  : 思考力
8 責任感 : 実行力
9 活発性 : 影響力
10 回復志向 : 実行力

 


<にいにいの回答>
仕事・プライベートで強く出る資質が違うのはその通りです。
基本上位5位は四六時中ダダ漏れて、
12位くらいまでは選択的に出てくるって感 じです。
とはいえ、場面によって前面にでるものは全然違います。

バニキチの職場を僕はみたことないのに、
周りの人と話がかみあわないと言われ、
どんなすれ違いが起きるか言い当てられたのはなぜか? 


資質は全て組合せで働いているから
同じ資質が上位の人でも
他の資質が大きく違えば話がかみ合わないこともよくおこります


システム関連の職場だと回復志向上位の人がやや多めになりやすいですが、
同じ回復志向上位の人が多い職場でも、他にどの資質が上位かの組み合わせで、 何を回復させたいのかが全く異なります。

本当はストレングスファインダーの本に書いてるような
一個一個の理解だけで は、その人の日常で使えるようには読み解けないんです。


例えば
同じ回復志向上位だけどバニキチと反発しやすい人が
職場にいるとすると。。。


★回復志向×分析思考×慎重さ
絶対にエラーが出ないように
まず完璧にロジックを自分の中で組めたと思えるまで
進もうとせず、隅々まで点検しがち。絶対失敗しないようなものを創ろうとする

バニキチも回復志向と分析思考は上位だけど
活発性も上位。

するとバニキチの
《活発性》 ×回復志向×分析思考は
ある程度組んだらまずやってみれば、どこがまずいかわかるからどんどんやって みればいい。ずっと考えてても時間の無駄。一生完璧なんかならない。 やれば わかる。何度か失敗から学べば早く精度が高くなる!

という具合です

すべての人に独自の才能と役割が眠っている


Life Design Coach
 代表 新関 裕二

営業時間:9:00〜21:00

方法  :オンライン無料通話(全国)、対面(北海道・東京・名古屋中心。応相談)

ワークショップ・研修は呼んでいただければよろこんで全国出張承ります。オンライン講座も可能です。