1. 【ストレングスファインダーの《活発性》資質オンライン講座 7/15(水) 05:00〜】 レポートbyバニキチさんしみずさん
 

【ストレングスファインダーの《活発性》資質オンライン講座 7/15(水) 05:00〜】 レポートbyバニキチさんしみずさん

ストレングスファインダーに
コーアクティブコーチング、心理学、武術、瞑想法などを
掛け合わせた【才能コンサルティング】独自の視点で
実施しているスカイプ音声講座のレポートを牧野さんと清水さんが書いてくれました
ベースの文がバニキチさん、→の部分がしみずさんの視点です

34ある資質のうち《活発性》の回です
講座終了後20分でアップされていた。。。さすが《活発性》

■本質
 英語だとアクティベーター。影響力資質。
 動かずに居られない。自分も周りも。
 
■キーワード
 ・【突発的】で【活性化】する力。【瞬発力】の連続。
  役割も火付け役、尻叩き役。
→持続力はない。実行力ではなく影響力なので、自分が手を動かさなくても構わない。
 
 ・辞書に失敗の二文字は無い。
→何事も、まずはやってみる。が前提。この前提のため、行動することが多い。

 ・活発性単体では蓄積しない傾向がある。
→あー、といいつつも、今回一番腑に落ちなかった内容。
慎重さが相対的に低くなる(蓄積能力が高い資質が下位にきやすい)傾向があるから、蓄積する力が低く見える、ということでかなぁと思いつつあって、聞いていました。
私の活発性は失敗から学ぶ資質として動作することが多いので、無意識に学習欲とセットで動いているなぁと気がつきました。

■裏目
 ・相手に理解されにくい。
  プロセスがすっ飛ばされ、見通しが分からないのに
  急かされるイメージ。まさに津波。
  (単体で使わない方が良い資質)
  コミュニケーション要注意!!!

→ここも、プロセスを考える資質しかなく、目的やゴールが自身では描きにくい私には??? 活発性を再観察しようと決意。

 ・【目的が何なのか認識する】と、裏目が和らぐ。
  【やったらどうなるか示してあげる。】
  
  やって成功するわけではないので、
  【ステップがあること】を示す。
 →これは、私がむしろ自分にやりたいので課題。

■開花
 ・【始動力】。【勇気】と【熱気】の力。
  動いた時、動かない時にどうなるか説明する。
→ここが、すごく難しいなぁと改めて思いました。

 ・突っ込んで地雷を踏んでると、相手から見て
  「何やってんだバカ」になる。
  目的を話してから突っ込むと英雄になる。
→この「目的を話してから」も実に難しい。内省してきます〜

すべての人に独自の才能と役割が眠っている


Life Design Coach
 代表 新関 裕二

営業時間:9:00〜21:00

方法  :オンライン無料通話(全国)、対面(北海道・東京・名古屋中心。応相談)

ワークショップ・研修は呼んでいただければよろこんで全国出張承ります。オンライン講座も可能です。